1金沢文庫芸術祭に出展されるにあたって

本約款は出展者金沢文庫芸術祭(以下、芸術祭)に出展、ないし芸術祭関連イベント参加をするにあたり、守るべきことを規定する。出展者は芸術祭への出展に応募した時点で(1)出展・参加募集要項、(2)本約款に同意し、従うものとする。

2 免責

1、金沢文庫芸術祭実行委員会(以下実行委員会)は、出展者と、来場者、他の出展者、参加者、会場、および会場を管轄する団体などとの間に紛争について、 一切の責任を負いません。紛争が生じた際は出展者自身で解決するものとします。ここで言う問題とは、以下のような例を含みます。

  • 食中毒、異物混入など、出展者が提供した食品に起因する事故。

  • 出展者やその関係者によって他者に損害を与えるなどの事故。

2、実行委員会は、出展者に事前に通知することなく芸術祭を延期、中断、もしくは中止する場合があります。これらの事項に起因または関連して、出展者に直接的または間接的な損害が生じたとしても、実行委員会は一切の損害賠償責任を負わないものとします。

3 無保証について

1、実行委員会は、芸術祭の開催について瑕疵がないよう細心の注意を払い準備を行いますが、芸術祭を開催すること、気象や天候、出展者数、来場者数、売り上げ等が結果的に出展者にとって有用であること、運営について瑕疵がないことについて、いかなる保証しません。

2、実行委員会は、実行委員会自らが会場を確保して主催するイベントについて、会場の配置や装飾、情宣活動、その他運営に関わる全てを決定する権利を有し、出展者の利害に対して一切保証しません。

3、実行委員会は印刷物、ウェブサイト、会場での様々な告知によって、来場者の誘導や情報提供を行いますが、これらが、時期が適切であること、正確であること、平等であること等、結果的に出展者にとって有用であること、および、発行に際して瑕疵がないことについて、いかなる保証もいたしません。

4 出展者の責務

1、実行委員会は、法令違反行為等の防止および円滑にイベントを運営する目的で、出展者が以下の行為を行うことを禁止(以下、本規約等 に定める禁止行為を「禁止行為」と総称)します。出展者の行為がこれらの禁止行為に該当すると実行委員会が判断した場合には、サービスの提供を停止し、それ以降の出展や芸術祭関連のイベントへの参加をお断りする権利を有するものとします。

  • 他人の名誉を毀損するもの、他人のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの。

  • 猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、嫌悪感を与えるもの。

  • 民族的・人種的差別につながるもの、倫理的観点などから問題のある行動をとること。

  • 第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など)を侵害すること。

  • 芸術祭の運営を妨害したり、混乱させたりすること、あるいは芸術祭の諸規約、規定に従わないこと。

  • 故意、過失を問わず法令に違背する行為を行うこと。

  • 会場、行政から出展者に対して行われる指導に対して、芸術祭の運営が混乱したり、芸術祭の品位が落ちる対応をすること。

  • 本人の許可無く個人情報を収集または蓄積すること、もしくはこれらの行為を試みること。

  • その他金沢文庫芸術祭が不適切と判断した行為(例:政治・宗教活動など)。

2、出展者が反社会的勢力に属する、またはそれらと繋がりのあることが認められた場合、実行委員会は出展者の出展を取り消す権利を有するものとします。
3、出展者が金沢文庫芸術祭に損害が生じさせた場合には、出展者は金沢文庫芸術祭に生じた損失、負債、請求および費用等(弁護士費用を 含む)を含めた全ての損害を賠償するものとします。

4、準拠法・合意管轄 芸術祭に関連して生じた紛争については、日本国憲法を適用し、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

5 個人情報の取り扱いについて

1、実行委員会は出展者が本会への出展を応募した時点からその個人情報を永続的に所持する。

2、実行委員会が所持する個人情報は芸術祭の運営および将来の展開に必要な範囲に限り、出展者の許可を得ることなく使用ないし本人との連絡を試みることができる。

3、実行委員会は出展者から提供を受けた個人情報を実行委員会が提携している業務委託先、捜査機関・医療機関・行政機関に対して、応募者の許可を得ることなく提供することができる。

4、実行委員会は出展者からの参加取り下げと共に個人情報破棄の要求があった場合は速やかに出展者から提供された個人情報を破棄する。ただし、以下の号に挙げる事例については遡求および削除をしない。

(1) 実行委員会が芸術祭を記録することを目的に取得した写真、音声、動画であって、他者が同時に含まれているもの。

(2) 実行委員会が合法的に取得した本人の著作物。

(3) 特定の実行委員が本人から取得して、実行委員会に提供した個人情報で、その実行委員に破棄の依頼がなされていないもの

(4) 芸術祭の信用や財産に対して損害を与え、公序良俗と照らし合わせて今後の参加が芸術祭の存続上害悪と判断され、芸術祭実行委員会が公式に今後の参加をお断りする場合。

(5) 反社会勢力に属する、またはそれらと繋がりのあることが認められ、芸術祭実行委員会が公式に今後の参加をお断りする場合。