新年あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します

 

みなさま、こんにちは。お元気にされてますか?

昨年は本当に悔しい思いが多かった一年になってしまいましたが、悔やんでも仕方ないので今年は全面的に前向きに進んでいきたいと思います。金沢文庫芸術祭の理念であるアートを通じて一人でも多くの人と楽しみ、感動し、学び、そして繋がるという考えを常に意識し、今出来ること、やるべきこと、やりたいことを関わる皆さまと考えて行動をしていきたいと思います。少し早いですが海の公園で開催の1DAYイベントは9月19日(日)に予定しており、アートラリーは現在色々な方に意見をお聞きし、相談しどんな形での開催が良いか検証を重ねています。今の状況を考えるとどこまで実施できるかは判断できませんが、最善で最高の形をイメージして準備活動を進めて、その時のベストな開催を行いたいと考えています。それにはそれまでの間皆さまが健康であり、しっかりとしたコロナ対策を心がけ、安心して暮らせる日常を取り戻す必要があります。一日でも早い平和な暮らしに戻ることを願いつつみんなで力を合わせて前向きに頑張って行きたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

2021年1月1日  金沢文庫芸術祭実行委員長  浅葉 弾

​↓最新情報はコチラから↓

お知らせ

 

2020年3月14日

​サイトをリニューアルしました。

金沢文庫芸術祭のストーリー配信中!

はじめは金沢称名寺藝術祭からスタートした金沢文庫芸術祭ですが、どのようにはじまったのか。「こどもの未来は地球の未来」のテーマに込められた想いを、浅葉和子さんにインタビューしました。

第21回金沢文庫芸術祭 パンフレット

。画像をクリックすると表示されます。

2018パンフ.jpg
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ごあいさつ

こんにちは!実行委員長のダンです。

いつも金沢文庫芸術祭を応援していただきありがとうございます。

 

金沢文庫芸術祭はアートを通じて、新しい体験をする場、新しい出会いの場、日頃の成果を発揮する場、そして共に楽しみ感動する場としてこれまで多くの方に参加していただきました。引き続き一人でも多くの方に参加していただき、金沢文庫芸術祭がみなさまの生活を盛り上げる恒例文化になっていただけるようなお祭りを目指し、関わっていただける方々と力を合わせてがんばりたいと思います。

 

そして金沢文庫芸術祭スローガンである「こどもの未来は地球の未来」を今一度見つめ直し、

未来に向けて何ができるか!何をするべきか!を考え活動していきたいと思います。

 

第22回金沢文庫芸術祭の実施日ですが、

「オープニングフェスティバルin海の公園」は9月20日(日)を予定しています。

※ただいま横浜市に使用許可申請中

(第22回金沢文庫芸術祭は開催中止になりました)

「アートラリー」は 開催期間調整中です。

新しい情報は随時ホームページとフェイスブックにて報告させていただきます。

まだ少し気が早いですが、今から9月のご予定入れていただけると幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

2020.2.20 金沢文庫芸術祭 実行委員一同

金沢文庫芸術祭には五つの理念とスローガンがあります。

五つの理念

交流     新しい出会いの架け橋となり心と心の交流を深める。

自然     自然への感謝の気持ちを持ち、環境問題への意識を高める。

発信     世界とのつながり、世代を超えたつながりをつくる。

伝統     先住民族の知識や伝統文化を見つめ直す。

自己表現  目標をみつけ行動力を築き、達成する喜びを感じる。

 

スローガン

「こどもの未来は地球の未来」

金沢文庫芸術祭は開催期間中、横浜市金沢区近郊各所で色々なアート企画を実施いたします。

開催初日である9月15日(日)には海の公園でオープニングフェスティバルを開催。それを皮切りにライブ、作品展、ワークショップ、パフォーマンス、演劇など、たくさんのアートイベントを開催いたします。

人々から期待され、愛され、金沢文庫の文化となり、未来へ継続していくイベントを目指し、何よりもみなさまに喜んでいただけるような活動をしていきたいと思います。

実行委員スタッフは、イベントのプロでなくほとんどが普通の市民です。 そして完全ボランティア活動しております。 一つでも多くの笑顔が生まれるようにスタッフ一同がんばります。 ぜひ、少しでも多く関わっていただき一緒に楽しみましょう。

未熟な点が多々あると思いますが、みなさまのあたたかいご支援、お力添えをいただけますよう、よろしくお願いいたします。

金沢文庫芸術祭 実行委員長 浅葉 弾

 

アクセス

 

オープニングフェスティバル開催場所:横浜市金沢区 海の公園

*駐車場は数に限りがありますので、モノレール(金沢シーサイドライン)や京急バスのご利用をおすすめいたします。

​アクセス

​乗車

​経由

​下車

1:横浜方面から

JR京浜東北・根岸線「横浜駅」

「新杉田駅」 のりかえ

金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」下車

2:横浜方面から

京浜急行「横浜駅」

「金沢文庫駅」 のりかえ

京急バス乗車「海の公園駅」下車

3:横須賀方面から

京浜急行「横須賀中央駅」

「金沢八景駅」 のりかえ

金沢シーサイドライン「海の公園南口駅」下車

公共交通機関

電車     金沢シーサイドライン      「海の公園南口」から徒歩5分

電車     京浜急行             「金沢文庫」または「金沢八景」下車

バス     京急バス

京浜急行「金沢文庫」 東口バスターミナルから
[文16]海の公園行き 「海の公園」下車
[文17]金沢工業団地循環 「海の公園」下車
[文18]東柴町 「海の公園」下車
[文19]金沢工業団地循環(ヘリポート循環・市大病院) 「海の公園」下車

金沢文庫芸術祭事務局

236-0015

横浜市金沢区金沢町205

アサバ アートスクエア内 金沢文庫芸術祭 事務局
info@bunko-art.org

©2020 Kanazawa-bunko Art Festival

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
IMG_6395