わらしべ長者ごっこのお知らせです。

みなさん「わらしべ長者」はご存知ですか?
昔話で、わらしべを持っていた青年が物々交換をしていって、最後は豪邸を手に入れて長者になる、あのお話です。

これを金沢文庫芸術祭のオープニングフェスティバルで【わらしべ長者ごっこ】としてやってみたいと思います。
…実は、去年お試しでやってみて大盛況だったのです。

「あなたが持っている[何か]を、他の人に声をかけて交換してもらいましょう。」

これだけです。

会場には実行委員を始め、わらしべ長者ごっこをやってる人が色んなところにいます。
赤いガムテープが目印です。
説明などはプレイパークエリアで行なっています。

この赤いガムテープの人たちにどんどん声をかけて、あなたの[何か]を交換してもらいましょう。

この交換する[何か]はなんでもオッケーです。
例えば…偶然持っていたポケットティッシュ。なども可能です。

より楽しみたい方は、ご自宅から何か交換できそうな[何か]をお持ちください。
例えば、
キーホルダー、ぬいぐるみ、トミカ、ビー玉などのおもちゃとかでも楽しそうです。

持ってこれない人も、当日に海の公園で見つけてくれてもオッケーです。
例えば、
きれいな石、落ちていた松ぼっくり、海でひろった流木、手書きの絵など。自分で探したり作るところから始めても面白いかもしれません。

ちなみに去年、ウチの長男は拾った松ぼっくりが筆箱になりました。

会場のいたるところで、大人も子どももいろんな人との物事のやりとりが産まれたら面白いだろうなぁ、と思っております。

目指せ、プリウス!!とか?

わらしべ長者ごっこ、お楽しみに!

2016.9.16 プレイパーク担当より

Share →